クレジットカードの歴史

クレジットカードの歴史

クレジットカードはどうやってできたのでしょうか。昔の時代であればいわば「つけ勘定」といったところではないでしょうか。つけとはお店と個人との信用関係で成り立っているものですので、相手が個人ではなくクレジット会社に変わったものだということでしょう。

クレジットカードの歴史においては、1950年に世界で初めてのクレジットカード会社が登場しました。日本では1960年頃にクレジットカード会社が設立されました。いずれにしても信用なくてはクレジットカードの発行もされず、カード会社自体の信用もなければお店との提携もないということです。便利ではありますが信用第一で取引されるものですから慎重に使用しなければいけないものです。

最近ではその信用情報を盗む手口も横行しているので、インターネットなどでの買い物やお店での買い物でもカードを使用する際には注意しなければいけません。自分の知らない間にカードを使用され買い物をされたりすると、カード会社の対応も様々ですが、自分がお金を払わないといけなくなってしまう場合もあるので注意しましょう。信用を盗まれてしまうのはとても怖いことです。便利な世の中である反面、簡単に個人情報を盗まれる可能性が出てくるということを頭に入れておくことが大切です。

続きを読む(クレジットカードの活用法)

注目情報Pick Up!

クレジットカード 作り方
クレジットカード選びのサポートサイトです。
こちらでじっくり比較してカードを作りましょう。

消費者金融 即日
キャッシング会社をランキングしているサイトです。
即日審査対応の会社がほとんどなのでお急ぎの方に。